99・ヴァインズ [99 Vines] カリフォルニア

『The Wine Enthusiast』『San Francisco Chronicle』『Wine&Spirits Wholesalers』『Wines&Vines』など、アメリカで最も有名なワインコンクールやワインの専門誌などで90ポイント以上の評価、また、カリフォルニア・ステート・フェアでは【Best Buy】および【Best of Class】受賞したファミリーが造るカジュアル・ワイン!

スコット・セラーズのカジュアル・ワイン・シリーズ。“ブラック・リッジ”のブランドの立ち上げには、ワイン・メーカーとしてスタッグスリープ、クリュッグ、ハンス・コーネル、ラウンド・ヒル、オーガスト・セバスティアーニ等での醸造経験を持つジム・ヤークス(現在は監修のみ)が関わっています。“99ヴァインズ”には、2003年に権威ある【Andre Tchelistcheff Winemaker of the Year】受賞をはじめ数々の受賞歴を誇る“ブレンドの魔術師”と呼ばれるミッチ・コセンティーノが関わっています。

◆99ヴァインズ
コンセプトは『ワンランク上のカジュアルワイン』。ジューシーでしっかりとしたボディーが感じられるシリーズで、カリフォルニアを貫く【ハイウェイ99】のローダイ周辺のブドウが中心にブレンドされているシリーズ。ジンファンデルに関しては贅沢にもフレンチ&アメリカンオークで15ヶ月熟成させている。

⇒ジンファンデル・カリフォルニア
ジンファンデル中心、ルビー・カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・シラー。アタックからフィニッシュに至るまでに一貫して果実のボリューム感を感じるとても親しみやすいジンファンデル。ベリーベリーな風味で、特にプラムの香りが強く感じられる。ブラック・リッジよりも少し大人の雰囲気を醸し出す。なめらかだが主張のあるタンニンと赤系とも黒系ともとれる果実味のボリューム感が中間の味わいで感じられる。ステンレスタンクでの発酵後、フレンチオークとアメリカンオークで15ヶ月熟成。

⇒ピノ・グリージョ・カリフォルニア
ピノ・グリージョ主体、マルヴァジア・ビンカ。とてもジューシーでフルティーなワイン。華やかさの中に香りで感じることが出来る“旨味”の要素が混ざる。まるで白桃をかじっているようなジューシーで濃厚な味わいが特徴的。口に含むと爽やかなレモンやライムなどの柑橘系フルーツがふんだんに香る。心地よく全体のバランスを保つ綺麗で控えめな酸がしっかりとワイン全体を支えている印象。余韻には熟成感が感じられ、より完成度の高いワインの印象を受ける。まさにワンランク上のカジュアルワイン!